おうえん団体次の皆様にも応援いただいています。

問題をとじる

検定問題にチャレンジ!

第1問

()(かみ)などの地上(ちじょう)資源(しげん)と、石油(せきゆ)石炭(せきたん)などの地下(ちか)資源(しげん)について、(ただ)しいと(おも)うものをひとつ(えら)びましょう。

  1. 地下(ちか)資源(しげん)のほうがたくさんあるので、どんどん使(つか)っていい。
  2. 地上(ちじょう)資源(しげん)(みじか)時間(じかん)(そだ)てられるので、どんどん使(つか)っていい。
  3. 地下(ちか)資源(しげん)は、できるまでに時間(じかん)がかかったので、大切(たいせつ)使(つか)わなくてはいけない。
答えをチェック!!

第2問

スーパーやコンビニでよく使(つか)われる[  ]は、使(つか)()わるとプラスチックゴミになります。
[  ]を()らすために、(わたし)たちは()わりにマイバッグを使(つか)っています。
[  ]にあてはまるものをひとつ(えら)びましょう。

  1. 発泡(はっぽう)スチロールトレイ
  2. 透明(とうめい)ラップ
  3. レジ(ぶくろ)
答えをチェック!!

第3問

(ちか)くでとれたものを()べると、環境(かんきょう)にやさしい食生活(しょくせいかつ)ができる理由(りゆう)として、ふさわしいのは(つぎ)のどれでしょう。
ひとつ(えら)びましょう。

  1. ()(はい)りやすいから。
  2. (はこ)ぶための燃料(ねんりょう)(すく)なくてすむから。
  3. 値段(ねだん)(やす)いから。
答えをチェック!!
  1. 第1問
  2. 第2問
  3. 第3問

 

「子どもeco検定」について

保護者の皆様に「子どもeco検定」は、資格ではなく、地球環境問題についての知識とその対応能力などの確認のためのものです。検定受検は無料です。
この検定へのチャレンジを通じて、一人でも多くの子どもたちが身の回りの環境問題に関心を持ち、理解を深め、環境保全へ自主的に行動を踏み出すようになることを目的としています。
検定の内容は、小学4年生以上の生徒が共有すべきエコロジーの知識、そして生活者が身に付けるべき行動や体験の確認です。
皆様のお子様が、この検定にチャレンジされ、より積極的にエコ活動を実践してもらいたいと思います。

検定チャレンジを考えている君に「子どもeco検定」は、君がどのくらい身の回りの環境問題に関心をもって、理解しているかを確認するためのものだ。検定の内容は、小学4年生以上が知っていて欲しいエコロジーの知識、そして毎日を生活するために身に付けるべき行動や体験の確認だ。
もちろん環境問題についてまだ何も知らないという君でも大丈夫。環境について学んだり、日常生活やニュースなどで環境問題に関心をもつ君ならぜひ受けてね。
インターネットでの検定だから、保護者の方にやり方を聞いてやってみよう。
1回の検定で合格点がとれなくても大丈夫。検定の期間は7ヶ月もあるから、何回でもチャレンジできるんだ。
インターネットを使った検定だから、きっと楽しみながらできるよ。

 

インフォメーション

インフォメーション一覧

このページの一番上に戻ります