モリゾー・キッコロ 地球温暖化とそれがもたらす気候変動は、砂漠化、河川湖沼の枯渇化、ハリケーンや台風等の巨大化、表土流出、海流の激変、植物相・動物相の激変、農業・漁業危機、食糧危機、貧困と紛争の頻発の原因となり、まさに人類社会の喫緊の課題として迫っています。

私たちは次代を担う子どもたちに、豊かで美しい地球の自然環境を残さなければなりません。また子どもたちに、不思議に溢れ、生命に溢れた自然環境を感じ取る、豊かな感性を身につけてもらわなければなりません。

そのためには環境問題の知識だけでなく、体験、実践する能力、つまり「エコリテラシー」を向上させることが欠かせません。

そこで私たちは主に小・中学生を対象として、環境問題に関心と理解をもたせることを目的に「子どもeco検定」を実施しています。

「子どもeco検定」は東京商工会議所が実施している「eco検定」の子ども版とし、本協会はこの検定を東京商工会議所の後援を得て運営します。また、子どもの環境教育を熱心に推進している朝日新聞社の後援をうけています。私たち「エコリテラシー協会」は子どもたちに対し、環境教育推進法に則した幅広いエコリテラシー教育の実践を目指し、環境問題への理解促進とコミットメントを継続化させるために、

  1. 環境学習(検定準備学習)の推進
  2. 「子どもeco検定」の実施
  3. eco体験・実践への誘導
  4. 表彰・研修・各種イベントの実施他

等の活動を推進いたします。

※2015年9月に協会名を「子どもエコリテラシー協会」から「エコリテラシー協会」へと変更いたしました。

東京商工会議所「eco検定」とは

東京商工会議所が主催する「eco検定」は、人々に環境に対する基本的な知識を持つことに関心を持たせ、社会の中で率先して環境問題に取り組む“人づくり”が目的です。この検定は、第1回が2006年10月にスタートし、毎年2回実施されています。現在まで約38万人が受験し、22万人の合格者が誕生し、地域や企業で活躍しています。

 

朝日新聞社の「地球教室キャンペーン」とは

朝日新聞社は子供の環境教育推進のため「地球教室」というキャンペーンを実施しています。毎年、朝日新聞本紙に子供の環境教育を啓蒙する広告を多数回にわたり掲示しています。そして全国の小中学校を対象に「地球教室」という冊子を、約25万部配布しています。これが子どもeco検定の公式テキストです。

このページの一番上に戻ります